• 誰でもちゃんと予防できる

    栓の話を聞くと、誰もが恐怖を持ってしまうようなイメージを持たれることでしょう。し

  • 日々の生活で気を付けること

    康に長く生きるためには、日々の生活の仕方に注意をすることが大事です。何も気にせず

生活習慣の改善

血栓ができると重大な病気を引き起こす可能性があります
日本の三大疾病は、がん、脳卒中、心臓病の3つが挙げられます。
そして、そのうちの脳卒中と心臓病に大きくかかわってくるのが、動脈硬化と言うものです。
動脈硬化とは、血管の内壁が厚くなり、詰まりやすくなることですが、それと同時に血栓ができやすくなります。
血栓がでてきてしまうと、血の流れにそって体中を巡り、細い血管に行き着いてしまうことがあります。
そうするとそれが原因で血管が詰まり、重大な病気を引き起こします。
脳の血管で詰まった場合には脳梗塞、心臓を養っている冠動脈という血管で詰まってしまった場合には心筋梗塞と言います。
どちらも、体を保つ上で大変重要な臓器ですから、血管が詰まることによって栄養の供給が行かないと、生命の危機となります。

血栓の原因となる動脈硬化を進行させるのは、血糖、脂質、尿酸、血圧の4つです


このような動脈硬化をすすめ、血栓をできやすくしてしまうものは、主に血糖値、脂質異常症、高尿酸値血症、高血圧です。
糖はタンパク質と結合しやすいため、血管壁に付着しやすいという性質があります。
また、LDLコレステロールは血管壁の中に潜り込み、プラークと呼ばれる瘤をつくります。
このプラークの壁は薄く、傷ついてしまうとはがれて血の塊ができます。
そして、尿酸は値が7mg/dlを超えると、結晶化して血液中を漂うようになりますが、その結晶が血管壁を傷つけてしまいます。
一方、高血圧は、絶えず血管に大きな圧力がかかることによって、血管を傷つけ動脈硬化を進めます。
このように、血糖、脂質、尿酸、血圧が動脈硬化を進行させているのです。

日常生活で注意することによって、血栓が予防できます


血糖値を上昇させないためには、ごはんやパンなどの炭水化物、ビールや日本酒などのお酒を控えることが大切です。
また、食事は野菜から先に食べると、血糖値が上昇しにくくなります。
LDLコレステロールに気を付けた食生活には、動物性脂質を摂り過ぎないように注意することと、LDLコレステロールの排泄を促すために野菜やきのこ類などの食物繊維を多く摂ることが大切です。
一方、尿酸値に関しては、アルコールの摂取を控えることと、排泄を促すために水分を多く摂ることで上昇を防ぐことができます。
そして、高血圧の予防には、塩分を控え、カリウムを多く含むホウレンソウなどの野菜を多く摂ると良いです。
このように、動脈硬化を防ぐためには、生活習慣を改善することが重要なのです。

オススメリンク

血栓の予防を始めるならこちらを参考にしよう!:今日から始める血栓症予防

誰でもちゃんと予防できる

血栓の話を聞くと、誰もが恐怖を持ってしまうようなイメージを持たれることでしょう。しかし、そんなに恐れる必要はあ…Read more

日々の生活で気を付けること

健康に長く生きるためには、日々の生活の仕方に注意をすることが大事です。何も気にせずに生きていると、体に何かしら…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー